2011年06月18日

花びら(舌状花)ができてきました!!!

皆さん、ひまわりの花のことを知っていますか??
一つのかたまりになっているあのひまわりは、
小さい花がたくさん集まったものなのです。

俗に花びらといわれる部分は、舌状花といわれ、
内側の茶色い筒のような花を管状花といい、雄しべと雌しべがあり、種ができます。
そして、外側から咲いていくのだそうです。

今朝も害虫チェックを行い、一安心。

おとといくらいから右側の鉢の大きい苗のつぼみに
花びら(ここではこう呼ばせていただきます!)が見えてきていましたので
カメラでパシャリ。

おお、ついにヒマワリになってきた!!!!!

110618_2.jpg
↑右側の鉢!つぼみの内側に花びらが見えます!
奥のもやしひまわりにもつぼみがついてます……咲いてほしいな。
ひまわり鉢の奥には地味にサボテン。
すごく小さかったのですが、たてに伸びました(笑)
このサボテンはジェンガみたいにひたすらたてに伸びていくだけなんでしょうか…。不明。

110618_1.jpg
↑ひまわりの2鉢。
ひまわり鉢の左隣は、やはり、地味に小さなサボテン(寄せ植え)

110618_3.jpg
↑一番大きい苗のつぼみには、まだ花びらは見えません
posted by 聖 誉 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニひまわり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46085226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック