2011年08月16日

8月15日 滞在3日目:衝撃の出来事

15日です。

今日は午前中に近くの水族館⇨午後はゆっくり、な予定にしました。
朝食ではやはりロンガン
ライチやランブータンと違って2センチ程度の地味なつるっとしたまるい見た目だからかいまいち人気がなさそうです。
いーんだ 私が食べまくりますから

あと、今朝はランブータンにかわりマンゴスチンがお目見え。
それがまたローカルぽく、いろんなサイズがあるんですよ。
小さいものは3センチくらい(笑)。
中身どんだけ小さいんだろうか(笑)。
せっかくなので私は大きめをチョイス。
うまかった スモモもありましたが、こちらは普通でした。

朝食が終わり部屋へ戻ろうとすると、人々が皆何かを見ている。
私もそちらに視線を移すと……



なんと野生のサルが客室ベランダをあさって食い物を探している

5〜6匹は私も確認できましたね。

そこで、私はギクリとしました。
だって洗濯物と数独の本をベランダに出しっ放しだったんだもの……。

部屋に戻りベランダチェック
やっぱり衣服には興味ないらしく、無事。
だけど本がない

で、下のベランダを覗きこんだら……
あった 下の部屋のベランダに投げ捨てられてる

・下の部屋を訪ね、理由を話してベランダの本をとってもらう
・フロントにこの状況を説明し、本をとってもらう

上記二種の手段を考えたのですが、問題は英語力。
サルが本を投げた、というのが思いつかない

で、結局、絵を描きまして、それを持ってフロントへ。

いや。フロントのお姉さん、ホント日本語わかんないんで(涙)。

絵の説明。
一枚目。私たちがいないベランダの本
二枚目。本にサルが気づく
三枚目。サルが本を下に落とし私達がギャーとなっている

お姉さんに見せたらね、笑いましたよ。
そーだろーよ でも説明できねんだもん

でもこれで一安心。
と、思いきや、本の色は何かと。


はっきりいっていろんな色が使われていて説明できん
アロットオフカラー……

なんじゃその説明は(笑)

数独の英単語も思い出せず(涙)

四枚目に本の表紙を描いて、タイトルイズディス

数独 とデカイ字で書きました。

悲劇はそれだけでは終わらず。
突然の雷雨。いや、すごかった。スコールなんてもんじゃなくて、嵐(笑)。

お姉さんに見せた絵に、最後雲と雨をたして(勿論笑われた)見せて部屋に戻りました。

結局雨は一日中ふっていて出かけず。

本は夕方お姉さんが乾かして持ってきてくれました。
ホントキレイに乾いていたので、ドライって叫んでしまった。

お姉さんとは英語でやりとりいろいろしましたが、すべて推理で行動(笑)。
まぁ、半分は間違ってなかったかなあと、人間なんとかなるもんだプラス絵が描けてよかったと思いましたとさ(笑)

もうベランダにものは置きません
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47382689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック